FC2ブログ

taroincho日記

トレード日記。 分院のオープンも一段落し、2年ぶりに参戦。 日経225のトレードと日頃の思いを綴ります。
MENU

9/9のトレード

948ac2f0.jpg

東京五輪招致決定に反応して日経平均株価も大幅に上昇して始まりました。
今日は売りで取らせてもらいましたが、決済のセッティングもうまく合っています。
トレード戦略の絶妙なバランスはとても気に入っています。

64年の時のような高度経済成長期ではありませんので正直どうかと思ってましたが、いざ決まったら嬉しいものです。
生きているうちに自分の国でオリンピックが観られるなんてチャンスはそうそうありません。
今から楽しみです。
今回はドラマチックな招致合戦でした。
安倍総理のプレゼンも素晴らしかった。
優秀なコンサルを雇っていることがうかがえます。
聞くところによるとロンドンやリオを勝利に導いたコンサルタントだそうです。
総理だけでなく猪瀬知事のゼスチャーも日本人放れした演説ぶりで見事でした。
やっぱり何事もプロに頼むもんだなあと感心します。

デイトレ +130円 ラージ5枚
寄り引け +100円 ラージ1枚

+750,000円

損益計 +49,980,000円

スポンサーサイト



5/17のトレード

デイトレ +90円 ラージ5枚
寄り引け +230円 ラージ1枚

+680,000円

損益計 +22,770,000円

new-s 1

new-s 2

ついに発表されました。
スパイショットが出回っていた時からだいたいの形は想像できていたのですが、まさに想像通りでした。
写真だと正直ピンときませんね。
実車を見てみないとまだ何ともいえないですが、動画を見てもあまりかっこいいとは思えません。
CLSからのあのプレスラインも好みが分かれるところだと思います。
でも実車を見慣れてくるとまた良く見えてくるので不思議です。

new-s 3

new-s 4



ジョンロブ 2/8のトレード

by_request.jpg

久しぶりにジョンロブへ。
この店に行くのは数年前にダブルモンクを買って以来でとんとご無沙汰でした。
ただのメンテをお願いするつもりが、また一足注文してしまいました。
前はメイド・トゥ・オーダーと言ってましたが、いつの間にかバイリクエストと呼び名が変わっていました。
ビスポークの呼び方は変わりませんが。
個人的にベルルッティのパティーヌの美しさや履き心地の素晴らしさが好きなのですが、ジョンロブはまた絶大なブランド力もさることながらベルルッティとは違った魅力があります。フォーマル系はもっぱらジョンロブです。
他にも好きなブランドはいくつかありますが、決まってどこでも履いていくと相手の態度が変わるのはこの2つのブランドです(笑)

日経平均は少し調整してます。
飲み会をやると株の話がさすがに出始めてきましたね。
こうなると天井になる危険もあるのですが、日経225は売りでもとれますし、個別銘柄みたいに何が起こるか分からないという不安とは無縁なのがいいところです。

デイトレ +20円 ラージ5枚
寄り引け +70円 ラージ1枚

+90,000円

損益計 +9,800,000円

2/4のトレード

平常業務の合間に新人のオリエンテーション準備を行っていました。
分院が出来てからはスタッフの接遇訓練をプロに頼んでいますが、なかなかよさそうです。

日経平均もスピードはやや落ちましたが、まだ上がり続けています。
節分天井という言葉も今年は関係なさそうです。

デイトレ -60円 ラージ5枚
寄り引け +30円 ラージ1枚

-270,000円

損益計 +10,240,000円

資産を守る方法としての日経225先物取引 1/30のトレード

ついに11,000円をブレイクしただけでなく、11,100円で大引け。
マスコミもいつの間にか掌を返すようにアベノミクスをもてはやすような論調になったのにはあきれてしまいます。
ちょっと前までまだハイパーインフレを煽ったり、安倍政権の足を引っ張るような記事ばかりでしたから。
そういえば昨日の夕刊で円の崩壊を予想するアメリカの投資会社の記事が載っていました。
この債権王と言われるファンドは将来円が崩壊し日本国債は暴落するとのこと。
今まで日本国債だけはどのファンドも売りに失敗していますが、今回はどうでしょう。
万一あったとしてこれから資産を守る方法としては不動産の購入、日経225先物取引がよいのですが、不動産は税金がつらいですので日経225先物が一番効率的だと個人的には思います。


デイトレ +120円 ラージ5枚
寄り引け -180円 ラージ1枚

+420,000円

損益計 +10,170,000円

1/17のトレード

同地区内の同業者数人と飲み会。
理事会やら研究会やらでよく会ってますが、プライベートでの飲みは久しぶりでした。
少しへろへろしています。

日経平均は押し目も短かくすぐに戻ってしまいました。
どちらに振れてもいいシステムですが、もう少し利益が伸びたように思います。
ナイトセッションではまた上がっています。
でもこれ以上は欲張りすぎでしょうか。

デイトレ +90円 ラージ5枚
寄り引け +30円 ラージ1枚

+480,000円

損益計 +6,160,000円

1/16のトレード レセコンパニック

午前中にレセプトを作成する機械(レセコン)が故障。
本院のはちょっと古いがそれでもまだ4年。
会計を後日にするわけにもいかず職員は大慌て。
メンテナンスに至急きてもらい事なきを得ました。
レセコンのなかった昔は手作業だったんですが、当然今の若い職員たちは知りません。

日経平均が昨日から暴落しています。


デイトレ +10円 ラージ5枚
寄り引け +230円 ラージ1枚

+280,000円

損益計 +5,680,000円

新型レンジローバー 1/11のトレード

新型レンジローバー1
新型レンジローバー2
新型レンジローバー3




レンジローバーがついにフルモデルチェンジ



約10年ぶりのモデルチェンジで4代目。
デリバリー開始は3月頃でしょうか。
私はあまりSUVが好きじゃないのですが、やはり堂々たる風格です。
最近の高級輸入車は一部アルミボディが主流ですが、この新型レンジローバーはSUVでは世界初となるオールアルミボディ。
アルミボディにする一番の理由は軽量化の為です。
軽量化すると燃費がよくなります。
逆に加工が難しくぶつけられた時には板金できないとも言われます。
ちょっとした凹みでもドアごと交換になるそうです。
でも軽量化のメリットはやはりそれ以上に大きいといえます。
燃費だけでなくそもそもの走行性能が全般的に向上します。
車を改造する人はよくエンジンをパワーアップさせたり色々パーツをつけたりと物をプラスしていく発想をしますが、車を速くするのに一番早いのは実は軽量化なんですよね。
いわゆるパワーウエイトレシオというやつです。
軽い方が速く走れることはもちろん、ブレーキもよく効きますしよく曲がります。
ドライバーが乗る椅子とエンジンとタイヤ、そして羽根しかついてないように見えるF1マシンはその究極です。
だからハイブリッドみたいにわざわざ重いモーターと電池を積むくらいならエンジン(排気量)小さくし外板はアルミにする方が実は理にかなっていたりします(もっと軽くて丈夫なのは炭素繊維ですが、これはまだ高いので一般的ではありません)。
もちろん排気量を小さくすると今度は馬力が足りなくなるのでターボをつけて加速性能を維持する、それが今の欧州車のダウンサイジングのスタイルです。
当然排気量が小さいので税金も安いし、燃費もいい、デザインもおしゃれでさらに昔みたいに壊れなくなったとくれば輸入車が売れるのは当たり前ですよね。
レンジはさすがにV12でしょと思いますが、これも時代の流れでしょうか。V8で十分という風潮です。
このレンジは伝統的な形でありながら洗練されていてSUV嫌いな私でさえ思わず欲しくなってしまう魅力がありますからね。

価格はV8で1230万円から。
V8カイエンにそれなりにオプションつけることを思えばかなり安いです。
ポルシェジャパンも見習ってほしいですね。
ほんとに。


日経平均はついに1万800円台。
強いの一言につきます。
売ったけど、全然下がらない。
買いが伸びたのが幸いしました。

デイトレ +70円 ラージ5枚
寄り引け -20円 ラージ1枚

+330,000円

損益計 +5,380,000円

映画 レ・ミゼラブル 12/25のトレード

レ・ミゼラブル


あの感動を再び。

留学時代に初めてブロードウェイで見たレ・ミゼラブル。
最後に帝劇を見てからもうニ十年以上経つ。
一時その魅力にとりつかれ帝劇だけでなくロンドンなど海外の舞台を見て回ったのが懐かしい。
それが映画化されるとあっては見に行かないわけにはいかない。
ということで映画館へ駆け込みました。
イメージが舞台で確立している作品を映画化するのは勇気がいることです。
あえてする映画化なので全く異なる演出も期待していましたが、ミュージカルをそのまま映画にした感じでした。
そうあのサウンドオブミュージックのように。
逆に舞台版のファンとしてはそれはそれで嬉しい。
コゼットにアマンダ・セイフライド、ジャン・バルジャンはヒュー・ジャックマン。
公開前のトレーラーではまるで主役扱いだったアン・ハサウェイがファンティーヌ役。
舞台でも歌唱力がとりわけ要求されるエポニーヌ役もはまっていました。
レミゼは映画でもあのレミゼでした。


デイトレ +40円 ラージ5枚
寄り引け +40円 ラージ1枚

+240,000円

損益計 +2,950,000円

新型ケイマン 12/6のトレード

新型ケイマン

新型ケイマンが発表された。
テールレンズにボクスターと同じようにフィンが。
おそらく普通の人はボクスターと区別がつかないでしょうな。


デイトレ -10円 ラージ5枚
寄り引け +10円 ラージ1枚

-40,000円

損益計 +1,970,000円

新型AクラスのCM NEXT A-Class 11/19のトレード

デイトレ -20円 ラージ5枚
寄り引け -20円 ラージ1枚

-120,000円

損益計 +1,150,000円

メルセデスの新型AクラスのCMが面白いです。
某漫画を彷彿と伏線があったり画も美しい。
続きあるのかな。

NEXT A-CLASS

NEXT A-Class 
http://next-a-class.com/animation/index.html


今までAクラスは全く興味なかったのですが、この最新型はデザインがいいですね。
ベンツは昨年に発表された現行のCLSを検討したことがありましたが、今はダウンサイジングの風が吹いていますのでコンパクトカーもおしゃれに見えます。

インフルエンザ予防接種 11/16のトレード

デイトレ +110円 ラージ5枚
寄り引け +110円 ラージ1枚

+660,000円

損益計 +1,270,000円


インフルエンザの予防接種が今月頭からピーク。
同じ作業の繰り返しで指が痛いし、うちは一体何科かなのかわからなくなってきます。
ワクチンの効果が持続する期間もせいぜい4ケ月くらいですのであまり早く受けすぎても意味がありません。
一番の予防は人混みに入らないことなんですけどね。
そうは言ってられない人は受けた方がいいです。
流行ってからでは効きませんので。

約束通り、衆院が解散されましたね。
慣らしも終わり、デイトレは今日から5枚に。
日経平均もよく動いていいことです。
再開直後は動かずマイナスも多かったのでもうしばらく我慢が続くかと思いましたが、こんなに早く解散してくれてラッキーです。

ボジョレーヌーボーの解禁日 11/15のトレード

デイトレ +60円 ラージ3枚
寄り引け +120円 ラージ1枚

+300,000円

損益計 +610,000円


昨日の解散発表で上値が軽い。
折しも今日はボジョレーヌーボーの解禁日。
久しぶりにワインで祝杯。
毎年最高とうたわれるボジョレーも今年はさすがに不作らしいです。
それにしても円高でずいぶんと安くなりましたね。
通常のワインと作り方も味わい方も違うのでボジョレーだけはあまりこだわりはありません。
JALアカデミーのWSETワイン教室であれこれ薀蓄垂れて飲んてだ頃が懐かしいです。

ポルシェに乗ると、なぜお金が貯まるのか?  11/13のトレード

デイトレ +50円 ラージ3枚
寄り引け +50円 ラージ1枚
NS    -20円 ラージ2枚

+160,000円

損益計 +210,000円

ポルシェに乗ると、なぜお金が貯まるのか?


だいたいタイトルで内容は想像できましたが、要するに資産価値の問題。
ただ、実際、600万のクラウンを3年ごとに3回乗り換えるのと1800万のポルシェ911を2回乗り換えるのとどちらがお金が残るかというと微妙です。
中古で買うなら一理ありだと思いますが。

ポルシェ911やフェラーリを所有したことがある人なら気づくことですが、売る時が国産やベンツなどのメジャーな車と違います。
大量に販売されている車は当然市場原理で下取りは悪いですから。
ポルシェは私も新車で購入したら注文から納車まで半年以上待たされました。当然出回る車が少なくなりますので値崩れも起こりにくくなるわけです。
車というのは単に性能で比べることはできず、ブランドによって所有する喜びや満足感が全然違いますからね。
何ともいえません。
同じポルシェでもカイエンやパナメーラで同じ理屈が通じるかはわかりませんね(笑)

次期マセラティ・クワトロポルテが発表 11/8のトレード

デイトレ ±0円 ラージ3枚
寄り引け +20円 ラージ1枚

+20,000円

損益計 -20,000円


次期マセラティ・クワトロポルテの写真が先行発表されました。
2013年1月のデトロイトモーターショーで正式発表される予定だそうです。

06.jpg

05.jpg


代替にどうかなと思っていたのですが、リアのデザインが少々がっかり。
なんとなくアウディに見えてしまう。
フロントマスクは現行を正常進化させたものでいい感じです。
アセラティのSUVのクーバンも販売が決定しているらしいですが、あれもリアがアウディっぽいんですよね。

このカテゴリーに該当する記事はありません。